医療機関情報

医院名 武藤歯科口腔外科クリニック
院 長 武藤 壽孝
住 所 〒359-1111
埼玉県所沢市緑町4-9-10-1
診療科目 歯科口腔外科
電話番号 04-2935-3846

お知らせ

2017/7/16

ホームページを公開しました。皆様にご活用いただけましたら幸いです。

口腔その他

口の中の粘膜には、口腔ガン、口内炎、良性腫瘍などのいろんな病気が生じます。

1.口腔ガン

口の中にもガンはできますので、口腔ガン検診も行っています。一番多いのが舌ガンです。舌ガンは粘膜のただれや舌の痛みが生じやすく、このような症状が出たら直ぐに受診してください。院長は口腔外科の専門医であり、早期の口腔ガン発見やその対応について精通しています。

2.口内炎

これには種々の病気があります。外傷、細菌感染症、アフタ、ヘルペス、扁平苔癬、舌炎、白板症など。とくに白板症は前癌病変であり、注意深い観察が必要です。

3.口腔の腫瘤性疾患、その他

口の中には種々な良性腫瘍ができます。口の中の変な色調や出来物が生じたら、受診をすすめます。

■血管腫    

 下唇の右側に小豆大の暗赤色の腫瘤がみられます。

 手術で切除、整形しました。手術の痕はわからなく、キレイに治っています。                        

■粘液のう胞

 粘液のう胞は小唾液腺損傷が原因で下唇に発生しやすく、見た目は水泡様です。

 治療は切除が一般的です。       

■ガマ腫

 舌の下面で、歯の内側にできる粘液のう胞です。同じく皮が薄い水泡様です。

 治療は種々ありますが、手術等が一般的です。

■舌腫瘤(舌腫瘍)

 舌縁に小豆大のポリープ様腫瘤がみられます。腫瘍あるいは反復刺激による反応性増殖が考えられます。

 切除して検査することになります。

■頬粘膜腫瘤(腫瘍)

 良性の腫瘍は口腔粘膜のどこにも発生します。頬粘膜に大豆大の腫瘤ですが、同じく切除して検査します。       

■小帯異常

■骨隆起(口蓋隆起)

 通常の上あごはドーム状を呈して平坦ですが、症例では真ん中がかなり凸凹に出っ張っています。これは骨が過剰に造成したためです。 

 左が術前です。右が術後で、切除して平坦にしました。                 


                                                                                                       

     


■骨隆起(下顎隆起)

 下顎の内側の左右に同じような骨様の隆起が見られました。

 まず左側の骨隆起を切除しました。この写真は左側が切除され、右側が残っている状態です。明らかに違いがわかります。患者さんもこの状態ですと、右側に違和感があると言っています。

 次回に左側の骨隆起も切除する予定です。



                                                                                                       

その他

  • 歯の脱臼
  • 顎の骨折
  • 顎骨の炎症(顎および顔が腫れる)
  • 唾液腺の異常(唾石、顎下部が腫れる)
  • 顎骨の病気(のう胞、良性腫瘍)
  • 口腔心身症(舌痛症等)
  • 神経痛(三叉神経痛等)